グリセミック指数(GI値)

グリセミック指数(glycemic index)

ダイエット用語我々の日常では、主にGI値と言う略語で知られている。

炭水化物が消化される過程で、糖に変化する速さを相対的にあらわす数値

GI値の数字が低い食物ほど、摂取した際の血糖値の上昇スピードが緩やかになる。

このGI値は、1981年に、Dr. David J.Jenkins らによって発見され提唱した。

しかし、この値は面積によって決まる数値のために、血糖値の上昇速度やピーク値は低くとも長時間血糖値があがる食品はGI値が高くなり、砂糖のような急激に血糖値を上げてしまうが、その後すぐに急下降する食品でも、面積が少ないとGI値が低くなってしまう。

さらに、炭水化物50gあたりで計算することから、肉類ではほぼ測定不可能なのだが、さまざまなGI値を掲載している文献やネット上では不正確なGI値を掲載していることが多く注意が必要だ。

そして、健康な人での数値なので糖尿病患者には参考にならない値だと言うこともあわせて覚えておきたい。

分類 GI値
低GI 55以下 ほとんどの果物及び野菜、豆類、全粒穀物, ナッツ、フルクトース及び低炭水化物製品
中GI 56–69 全粒粉製品、バスマティ、サツマイモ、スクロース
高GI 70以上 ジャガイモ、スイカ, 白パン、白米、コーンフレーク、シリアル、グルコース、マルトース

上記は、主な食品別のGI値の高低をあらわした表であるが、GI値が低いからと言って食べ過ぎては結局血糖値を上昇させてしまう。

理想的な摂取の仕方は、普段の食事を低GIのものに置き換えること。

白米を玄米に、食パンを胚芽パンや全粒粉のパンにetc・・・ただ、もともと食べ過ぎているのであれば、総量を減らすことが肝要である。

 

参考・引用:Wikipedia「グリセミック指数」より



この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ぜひブログランキングへ応援ボタンの投票をいただけると励みになります♪

 ojigi

この度のランキング応援クリックありがとうございました (人´ω`)
 
サブコンテンツ

このページの先頭へ

アルバイト