摂食中枢(空腹中枢)

ダイエット用語摂食中枢とは、脳の視床下部(ししょうかぶ)内「背内側視床下部核(背内側核)」に含まれる「食欲(空腹感)」をコントロールする神経細胞の一種。空腹中枢とも呼ばれる。(←→満腹中枢

摂食中枢は、血糖値が下がり、体内の脂肪が分解され遊離脂肪酸(脂肪が分解された際にできる)が発生すると刺激され、空腹感を感じ摂食行動を促す。

視床下部外側野を破壊すると、食べることを欲しなくなるが何らかの形で刺激が続くと過食に繋がる。

⇒ 空腹を「こんにゃくラスク」で満足!



この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ぜひブログランキングへ応援ボタンの投票をいただけると励みになります♪

 ojigi

この度のランキング応援クリックありがとうございました (人´ω`)
 
サブコンテンツ

このページの先頭へ

アルバイト