痩せたいなら朝食は必ず食べよう-朝食抜きダイエットは問題だらけ(その1)

【師】グータラ子くん、朝食を毎日ちゃんと食べてるかね?asagohan

【グ】いやぁ~、ギリギリまで寝ていたいんで、ほとんど食べてないですにゃ・・・。

【師】イカ~ん!!!朝ごはんを抜いてしまうと太りやすい体質になってしまうんだぞ。

【グ】えっ!そうだったんですか?むしろ一日の総カロリーが減って良いんじゃないかと思ってましたょ。

【師】もちろん、総カロリーが減り一時的に痩せるかもしれないが、痩せた体を維持するのは難しくなるし、実は健康面でも悪い影響を与える可能性があるんだ。

【グ】えぇ~~~っ!!!どうしてなんですか?教えてくださいょ。

【師】うん、朝食を抜くとどのような悪いことが起きるのか説明していこう。

朝食を抜くと太ると言われてますが、何で?

【師】一見、グータラ子くんの言うように一日の総摂取カロリーが減って痩せるかもしれない。でも、実際どうだろう。昼や夜にガッツリ食ってしまわないか?特に昼休み、朝は食べてないからチョットカロリーが高くても良いや、とか、午後も頑張ろうと思って、どんぶり飯を大盛りで!なんてお腹いっぱい食べて満腹状態にしてしまってないか?

【グ】確かに、大盛りのご飯やラーメンをペロッと食べてしまってるかも・・・。

【師】「逆に、食欲が増してしまう日ごろの行動」でも言ったが、お腹を満腹にしてしまうと、ダイエットの天敵「血糖値の急上昇と急下降」を招いてしまうんだ。よって、その後の空腹感は以前よりも増大し、夜にはまたドカ食いしてしまうという悪循環が働いてしまうんだ。

さらに、お腹いっぱい食べることは他の観点からも太りやすい体質を作ってしまうのだが、それはと言うと・・・。

血糖値の上昇とインシュリンの関係

【師】1回で摂取する食事の量が多いと、当然体の中に入ってくる糖分量が増えるのはわかるよな?

そうすると、インシュリンと言う体内の糖分を調整するホルモンが、上昇した血糖値を元に戻そうと働きかけるんだ。そして、糖分を色んな細胞、特に肝臓に貯蓄するんだ。

guutarako2しかし、ガッツリと食べたときは肝臓だけで溜めておくことができなくなってしまうんだ。そうなってくると、最終的な送り先が脂肪細胞なんだ。

脂肪細胞は、次のエネルギー不足(飢餓状態や運動など)のために、糖分をご丁寧にも頑丈な倉庫で大事に大事に溜めておいてくれるので、放出しにくいんだ。さらに、おせっかいなことに、新たな空き部屋をすぐに貸してくれるんだ。

回りくどい言い方になってしまったが、要するに脂肪細胞が増殖し太っていくメカニズムなんだよ。

【グ】でも、ガッツリ食べなければ大丈夫なんじゃ?

【師】そう思うだろ?でもな、お腹の空いている時間が長ければ長いほど、脳は「エネルギーを溜めるんだっ!」と指令を送り、1回の食事でより脂肪細胞へ貯蓄しやすくするように命令を出してしまうんだよ。

【グ】なるほどぉ~、納得がいきました!

【師】だから、少量でも良いから朝食を摂るようにし、また置き換えダイエットなどをするのであれば、きちっとした食品を(酵素ドリンクカロリーオフの栄養食)摂取すべきなんだ。

【グ】わかりました、明日からちゃんと起きてバナナとかソイジョイを食べますね。



この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ぜひブログランキングへ応援ボタンの投票をいただけると励みになります♪

 ojigi

この度のランキング応援クリックありがとうございました (人´ω`)
 
サブコンテンツ

このページの先頭へ

アルバイト