血糖値

血糖値とは、血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度のこと。

ダイエット用語健常者の場合、空腹時はおよそ80~100mg/dl程度。食後や運動後に上昇する。

ダイエットにおける血糖値の捉え方として、血糖値が下がると視床下部外側野である「摂食中枢」へ「空腹である」と信号が送られ空腹を感じ、血糖値が上昇すると、視床下部腹内側核、俗に「満腹中枢」へ「満腹である」との信号が送られ満腹感を感じる。

血糖値は、緩やかに上昇させることによって、下がっていくスピードは緩やかに。逆に急上昇させると下がるスピードも急になる。そのため、お腹がすくスピードが速くなり、過度に食べてしまうことになる。

血糖値の上昇を緩やかにするには、食事の際、良く噛んで(30回以上)飲み込んだり、炭水化物やたんぱく質よりも先に野菜を摂ることで可能である。

反対に、早食いや空きっ腹に糖分を最初に摂ることは、血糖値の急上昇に繋がってしまう。

血糖値の急激な上昇は、過度のインスリンの分泌を促すことになるので、長期間その生活が続くと、すい臓を疲弊させ、糖尿病やすい臓がん、また高血糖による脳卒中や脳梗塞などの症状も引き起こす危険性がある。

だからと言って、糖分(炭水化物も含む)を摂らないダイエットは、低血糖を引き起こす可能性もあり、最悪の場合死に至る危険性もある。

 

参考・引用:Wikipedia「血糖値」より



この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ぜひブログランキングへ応援ボタンの投票をいただけると励みになります♪

 ojigi

この度のランキング応援クリックありがとうございました (人´ω`)
 
サブコンテンツ

このページの先頭へ

アルバイト