「用語」の記事一覧

摂食中枢(空腹中枢)

ダイエット用語

摂食中枢とは、脳の視床下部(ししょうかぶ)内「背内側視床下部核(背内側核)」に含まれる「食欲(空腹感)」をコントロールする神経細胞の一種。空腹中枢とも呼ばれる。(←→満腹中枢) 摂食中枢は、血糖値が下がり、体内の脂肪が分・・・


満腹中枢

ダイエット用語

満腹中枢とは、脳の視床下部(ししょうかぶ)内「腹内側視床下部核(腹内側核)」に含まれる「食欲(満腹感)」をコントロールする神経細胞の一種。(←→ 摂食中枢) 満腹中枢は血糖値の上昇(血液中のグルコースの増加)により刺激さ・・・


インスリン(インシュリン)

ダイエット用語

インスリン(インシュリン) インスリン(インシュリン、insulin)とは、膵臓(すいぞう)に存在するランゲルハンス島のβ細胞から分泌されるホルモン。 主な働きは、血糖を抑制することであり、他にも肝臓においての糖新生の抑・・・


日頃の活動量を把握して効果的にダイエット

ダイエット用語

ダイエットを成功させるために色々と知っておかないとならんことがあるんだが、そのうちの一つが活動量なんだ。
日ごろの行動が活発なのか、そうでないのかでカロリーの消費量が全く違うわけで、下手すりゃ平均的な成人の必要摂取カロリーでは摂りすぎってことが良くあるんだ。
特に、君の活動量では30代女性の平均的な必要摂取エネルギー(2,000kcal)じゃあ・・・・・・


エネルギー(熱量・カロリー)とは

ダイエット用語

このサイトで使用するエネルギー(カロリー)と言う単語は、生物の活動に伴い吸収または消費される熱量(エネルギー)のことを指す。
食物を摂取することで得ることができ、運動や代謝などによって消費される。
なお、「カロリー」は生理的熱量に用いられる単位(cal)であるが、日本ではカロリーとエネルギーは同じ意味で使われている。
(Wikipedia:生理的熱量より引用・改編)
一日に必要な摂取エネルギー・・・・・・


血糖値

ダイエット用語

血糖値とは、血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度のこと。 健常者の場合、空腹時はおよそ80~100mg/dl程度。食後や運動後に上昇する。 ダイエットにおける血糖値の捉え方として、血糖値が下がると視床下部外側野である「摂・・・


グリセミック指数(GI値)

ダイエット用語

グリセミック指数(glycemic index) 我々の日常では、主にGI値と言う略語で知られている。 炭水化物が消化される過程で、糖に変化する速さを相対的にあらわす数値。 GI値の数字が低い食物ほど、摂取した際の血糖値・・・


運動せずに痩せてる人って何で?褐色脂肪細胞

kenkoukotu

【グ】師匠~、運動しないでも痩せてる人っているじゃないですか?しかも結構食べるのに。何で何でなのぅ~。
【師】そうだな、そんな人って結構いるのは確かだよな。単純に、食べ方や生活スタイル食べる時間なども影響してくるし、後は、有名なところで肩甲骨付近に多く集っている「褐色脂肪細胞」の量なんかも考えられるよな。
【グ】なんですか?その「褐色脂肪細胞」って?
【師】褐色脂肪細胞とは上述の通り、人間の肩甲骨付近に多く集る細胞で、脂肪を燃焼させ代謝を上げてくれる・・・・・・


サブコンテンツ

このページの先頭へ

アルバイト